記事一覧

投資に取り組む

電卓

高収入だからこと取組める

一般的に医師は高収入の人が多いです。高収入な人の悩みと言えば税金です。日本では累進課税制が導入されていることから、高収入な人は税率が高いです。勤務医の場合、必然的に給与から税金が差し引かれます。一方で開業医は様々な節税方法がありますが、上手く節税方法を取り入れなければいけないです。開業医の場合、高収入である代わりに税務署のターゲットにもされやすいです。そもそも節税とは、支払う税金を少なくする工夫で、収入がない人から税金が取れないため、どうしても高収入な人の課税が高くなることは自然であると考えられます。低収入な人と高収入な人の差は労働力の差や知識の差と言われています。高収入な人は低収入な人よりも労働時間が長く、高いノウハウで利益を得ています。ある意味、人より苦労をして儲けた人がたくさん課税されるのは不公平とも考えられます。しかし日本の課税制度で決められていれば仕方がないです。ただし逆に考えれば節税は高収入な人のみにあてはまる話で、うまく節税を考えれば得をするのも事実です。医師は高収入であるからこそ節税が可能です。医師の節税は投資で可能と言われており、不動産投資に取り組む人が多いと言われています。また、株式投資も良いでしょう。株式投資の場合、非課税枠を利用した投資に取り組めば節税メリットが得られます。家族全員の投資枠を利用すれば大きな節税効果が得られます。株式投資は分離課税ですので、万が一損失が生じた場合、確定申告での損益通算が可能です。株式投資で大きな利益が出ても課税額は20.315%ですし、配当申告にて10%還付が受けられるので通常の所得と別に計算されるのでお得です。医師として働いて得た収入を投資に回すことで節税効果は高まります。

Copyright© 2018 医師の節税はどうすべき?【個人事業主としての開業医の場合】 All Rights Reserved.