記事一覧

開業した後の対応

電卓

法人格にする

医師は大学病院や大手病院等の勤務医の他に、自ら開業をするケースが多々あります。開業をすると設備投資等で多大なコストがかかりますが、この開業支援やその後の病院の経営や事業拡大等について、継続的なアドバイスを行うのがコンサルティング会社です。コンサルティング会社は医師や開業医の数が多い中で、どのようにすれば開業がうまくいくかの手助けをしています。そのコンサルティング会社のサービスの一環で行っているのが節税対策や事業承継です。開業した後に利益があがれば節税等の目的もあり、法人格を取得するケースが一般的です。これにより一般の事業会社と比べると医師を要する医療法人は税率が安い為、特に節税効果は高いといえます。ある程度開業して事業を継続していくと、次は後継者問題、事業承継等がポイントになります。この事業承継についても様々な事例や実務を踏まえて的確なアドバイスを行うのがコンサルティング会社の役割です。また医師に対しての退職金づくりもコンサルティング会社がアドバイスをします。経営の安定化や内部留保を厚くしての退職金準備やさらには将来的な事業承継の為の資金準備を考えると、節税をして医療法人の資金を潤沢にしておく必要があります。その為にコンサルティング会社は保険の活用や設備のリースの導入による減価償却提案等を行います。また昨今改正になった医療法への対応やM&Aの提案等、経営にかかわる事は幅広く提案・アドバイスを行っています。

Copyright© 2018 医師の節税はどうすべき?【個人事業主としての開業医の場合】 All Rights Reserved.