記事一覧

償却資産が有効です

電卓

経費になる物品があります

医師が節税をする上で有効なのは、医療機器の購入による減価償却です。診療科目にもよりますが、医師として医院を経営するためには、多くの高額な医療機器が必要になります。これらは耐用年数よりも短期間で減価償却することができますので、節税においてメリットがあります。無用な設備を購入することは無駄ですが、医療に必要な設備を購入することによって、医療機関として、対応できる患者の範囲も広がり、医療機関としてのステイタスも上昇しましすので、単なる節税目的の購入ではなく、節税は結果であるとも言えます。医師が使用する医薬品などの消耗品の多くは税務上の経費に計上できます。利益が上がっている場合に、医薬品をまとめて購入することによって節税できることがあります。医薬品を有効に使用できる期限は比較的長いのですが、購入と同時に消耗品として経費に計上できます。医療機器をリースする医師もいますが、リース代金は税務上の経費になります。これも医師の節税では一般的に利用されています。リースによる経費と購入による減価償却のいずれが税務上のメリットがあるかを検討する必要があります。個人経営の医師は医療法人を設立することによって節税することを検討していることが少なくありません。家族を医療法人の理事や従業員とすることによって、報酬を支払って経費にすることができます。個人経営よりも給与所得控除の分だけでも節税になるので、医療法人設立が多くなっています。

Copyright© 2018 医師の節税はどうすべき?【個人事業主としての開業医の場合】 All Rights Reserved.