記事一覧

償却資産が有効です

電卓

医師の節税で代表的なものは、医療機器の購入による減価償却と医薬品のまとまった購入による経費計上です。法定の償却期間よりも長期間使用できる医療機器の購入、使用できる期間が長い医薬品の購入は税務面でメリットがあります。

詳しく見る

税金を安くする

PC操作

医師は節税の達人です。自宅で開業している人は、電機、水道のメーターを二つ用意しています。家と診療所のインフラを分散させ、それを経費としているのです。このやり方はアパート経営などにも応用できます。また、医師としての勉強に必要な物も必要経費として計上しています。

詳しく見る

税金は工夫次第

医師

税金を抑えるコツ

医師にも課税される所得税や住民税は節税をすることが可能です。ただ単に何もしなければ所得に応じた課税がされてしまうので、事前に早めに対策を講じる必要があります。このとき医師の置かれている立場によって節税の方法が多少異なります。開業医をしている医師の場合には医療法人化することで様々な節税効果が得られることはよく知られているところです。一方医療法人ではなく個人事業主としての開業医の場合は、所得税や住民税などの減税効果が少なく感じられるケースが少なくありません。このときにはまずは社会保険料控除の上乗せを考えていくことです。特に年金保険料では国民年金に加えて国民年金基金さらには最近話題になっているイデコの利用なども検討の余地があります。また開業医ですので帳簿類をしっかりと記帳することなどを条件にした青色申告も有効となります。帳簿類などの基調が大変だし面倒だという場合には、税理士事務所などの士業の専門家に依頼をする方法が有効です。またこうした経理事務に明るい医療事務職員を雇用する手もあります。彼らに支払う給料などは経費として落とせますので、その分医師の節税にも役立つわけです。青色申告を行う場合は早めに税務署などに届け出る必要がありますし、その他顧問として依頼する先の税理士事務所、会計事務所の選定を急ぐ必要があります。時期が遅れてしまうとその分だけ税金を支払う額が大きくなりがちのため、迅速な行動が欠かせません。

医師ならではの資産形成を完全ガイド

医師にオススメな節税対策の方法を大公開!少しでも税金を減らしたいならサイトをチェックしましょう。

税金対策で資産形成を

ドクター

勤務医が所得税の節税をしたい場合や、開業医が将来発生する相続税を節税したい場合には、資産形成や税務のプロである税理士やファイナンシャルプランナーなど医師のコンサルティングに実績ある専門家に相談しましょう。

詳しく見る

投資に取り組む

電卓

医師は収入が高いことから課税額も高いです。しかし高収入な人には節税というメリットもあります。そもそも、収入が無ければ課税額が少ないため、節税という言葉自体があてはまりません。収入を投資に回すことで投資メリットが得られます。

詳しく見る

開業した後の対応

電卓

コンサルティング会社が医師への開業支援や経営アドバイスを行います。将来的な事業承継や退職金準備、さらには経営安定化の為にも節税をする事で内部留保を厚くする為、保険活用やリース活用等の提案も行います。またM&A等の提案・アドバイス等も行い、経営や事業運営にかかわる事は幅広く対応しています。

詳しく見る

Copyright© 2018 医師の節税はどうすべき?【個人事業主としての開業医の場合】 All Rights Reserved.